ホームページを制作する前に考えるべき注意点

目次

ホームページを作るということ

企業にとって自社のホームページを持っているというのが当たり前になってきています。
ホームページがない企業よりも、ホームページがある企業のほうが信用できると思っている方も多いのではないでしょうか?

だからといってただホームページがあれば良いかというとそうではありません。
ホームページは企業の顔として24時間365日公開し続けられます。
ホームページを見ただけで、企業に対する第一印象が決まるのです。

ではどんな所に気をつけてホームページを制作すれば良いのか?
ホームページを制作するという場合には、事前にしっかりと目的やアピールしたいポイント、どのような年齢層に伝えたいのかという点などよく考えてから制作することが大切です。
一昔前でしたら、なんとなくホームページを作ってみてもそれなりにアクセス数などが稼げる時代でしたが、近年では、ホームページも数多く作られ、ありとあらゆるジャンルに関しての情報がネット上にあふれているため、適当に作成してもほとんど存在をアピールできず、アクセス数もほとんど増えません。ホームページを作るなら、きちんとどのような内容にするか、構成などもしっかりとイメージしてサイト設計書なども作成しておくといいでしょう。

今回はそういったポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。

ホームページを制作する前のチェックポイント

目的を明確かどうか

まず1つ目のポイントとしては、目的を明確にしておくことです。

どのような目的で作るのか、作ることによって目標を立てること、そしてその目標を達成するにはという点を重視して構成していくことが大切だといえます。
商売的な目的ならば、売り上げや収益の向上につながる内容にする必要があります。また、イメージ向上を狙うならコミュニケーションをとる場、自身の考えや伝えたいことをサイト上で公開してみるなどさまざまな戦略、手段を用いることも必要です。

「何のためにホームページを作成するのか。」これをまずは徹底的に考えます。

ターゲットが明確かどうか

続いてはターゲットを明確にします。マーケティング用語で言う「ペルソナ」です。
このペルソナが具体的に決まっている程、どんなホームページを制作すれば良いのかというのが明確になります。

幅広い層に対してアピールするというのも1つの方法ではありますが、ジャンルや、ホームページを作る目的によっては限定された年齢層、性別、職種になることもあります。
こういったターゲットの絞り込みを行うことで、リピーター増加につながったり、需要の高い層を狙うことが可能となります。
もちろん幅広い年齢層に向けて作成するというのも、多くの人からの注目を浴びる可能性はありますが、ターゲット層が絞り込めていない場合には、状況によってはほとんどアクセスしてもらえない可能性もでてきます。

より需要のある層を狙ってアピールしていくことにより、安定したアクセス数やリピーターへの期待度などが高まるホームページとなる可能性があります。
このようにして情報を伝える、需要のある層を狙ってアピールしていくことにより、安定したアクセス数やリピーターへの期待度などが高まるホームページとなる可能性があります。

コンセプトは明確かどうか

次にアピールしたいものを考えてみましょう。
制作するサイトのコンセプトを明確にするということです。

ホームページを訪れる人に対して、どのようなことを知って欲しいのか、こちら側がアピールしたいものが明確に伝わるような内容にすることも大切なポイントといえます。
また、サイトをどのように見せたいのか、サイトを見た人にどのような印象を抱いてほしいのか。
これを明確にすることで、サイトのデザインや、言葉選びが変わっていきます。

ゴール地点は明確かどうか

続いてはホームページを訪問してくれた人のゴール地点はどこなのかです。
1つ目の目的にも関わってくる部分ではありますが、ゴール地点を明確にしておくことで、ページの構成やボタンの位置などが大きく変わります。

ゴールと言うとちょっと分かりづらいかもしれませんが、例えば「申込み」「資料請求」「商品購入」といったホームページを訪問してくれた人が次に取る行動は何なのかというのがゴール設定です。

ホームページ制作後


ホームページは作って終わりではありません。作ってからがスタートです。

ちゃんと制作前に考えた目的は果たせているのか?
ちゃんとターゲットとして設定した人たちに訪問してもらえているのか?
ちゃんと設定したコンセプト通りの印象を与えることが出来ているのか?
ちゃんと設定したゴールまで訪問者がたどり着いているのか?

これらのことを検証していくことでより精度の高い、より効果の出るホームページに仕上がります。

まとめ

ホームページを制作する前に考えておくべきことは山程あります。
しかし、これらをしっかり考えた上で制作するホームページと、何も考えずにとりあえずで制作するホームページでは、効果が圧倒的に異なります。もちろん考えるということは時間のかかることですが、ホームページを作る目的を明確にした上で、その目的を果たすことが出来るホームページを作るのが大事です。
是非ホームページを制作する際は、最初に考えるべき注意点として、これらのことを考えてみていただければと思います。

「プログラミング未経験から
収益化までの7ステップ」
無料配布中!

こんなお悩みありませんか?

  • プログラミング似興味があるけど何からやったらい良いのか分からない
  • 未経験から収益化出来るのかが不安だ
  • 本業以外にも収入の柱を構築したい
  • パソコンを使った副業がしたい
  • プログラミングに挫折したけどもう1回チャレンジしたい
  • プログラミングの勉強をしているけど収益化が出来ていない

挫折率の高いプログラミング学習において、挫折することなく収益化を目指すなら、
挫折してしまう原因や、収益化のためのポイントを押さえて学習を進めていく必要があります。
そのポイントを7つのステップとして具体的に動画で解説!

動画トピックス
  • IT業界の現状
  • プログラミングに挫折する3つの壁
    (◯◯の壁 / ◯◯の壁 / ◯◯の壁)
  • 未経験から収益化までの7ステップ
    (準備編 / 学習編 / 収益化編)
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる