副業や複業(パラレルワーク)をするプログラマーが増えています。
サラリーマンプログラマーであれば、会社の経理担当がすべて行ってくれますが、副業プログラマーの場合は、自分で確定申告を行わなくてはなりません。

この記事では、副業プログラマーの確定申告の有無、しなかった場合のペナルティなどについてご紹介します。

 

副業プログラマーでも確定申告は必要?

副業プログラマーでも確定申告は必要

副業をしているプログラマーでも、確定申告は、基本的には必要です。最近流行っているパラレルワーク(複業)も、同様に確定申告が必要になります。

 

パラレルワークについては、以下の記事でも紹介しています。

 

 

確定申告が必要になる所得額はいくら?

確定申告が必要になる所得額はいくら

 

副業をしているプログラマーすべてが、確定申告が必要というわけではありません。
なかには、稀ですが、年間の副業所得が20万円以下のプログラマーもいます。

その場合は、確定申告をしなくても大丈夫です。

 

確定申告が必要になるのは、20万円を超える所得があった場合
しかし、これは、あくまで所得であって売り上げではないので、注意しましょう。

 

所得は、売り上げから経費を差し引いた額になります。
つまり、売り上げが40万円あったとしても、経費が20万円以上あれば、確定申告はしなくて済みます。

 

経費には以下のようなものがあります。

<地代家賃>

・家賃(自宅兼事務所としている場合)

・駐車場

 

<通信費>

・携帯料金

・プロバイダ料金

・サーバー料金

・郵便料金

 

<水道光熱費>

・電気代

・ガス代

・水道代

 

<旅費交通費>

・電車代

・タクシー代

・ガソリン代

・出張の際などの滞在費

 

<消耗品>

・書籍

・スーツ

・靴

・車

PC/周辺機器/ソフト

・デスク

 

<接待交際費>

・外食費

 

<研修費>

仕事に関係する研修や、セミナー、スクールなど

 

<会議費>

・カフェでの支払い

・レンタルオフィス代

(引用:『【永久保存版】分かりやすい青色申告!フリーランスの所得税とは?』|ウェブトレ+ https://webtre-plus.com/archives/1811

 

しかし、交際費が経費の3割を超えるような場合は、明らかに不自然と見られ、一部否認もありうるので注意しましょう。

 

詳しいペナルティの内容については、以下の記事を参考にしてください。

 

 

開業届けを出していなくても、確定申告は必要?

開業届けを出していなくても、確定申告は必要 

開業届けを出していないから、確定申告はしなくても大丈夫、と思っている人も多いかもしれませんね。

 

実は、これは「アウト」です。
開業届けを出していなかったとしても、確定申告は必要です。
その際、課税の分類コードは「雑所得」となることを覚えておきましょう。

 

副業プログラマーが確定申告をするメリット

クライアントのなかには、事前に源泉徴収して給料から差し引いている場合があります。
そのような場合、確定申告を行えば、源泉所得税が還付されることもあります。

 

副業プログラマーが確定申告をするデメリット

サラリーマンプログラマーが副業プログラマーとして確定申告する際には、デメリットがあります。もし、会社が副業を禁止している場合、会社にばれてしまう危険性がある、ということです。

 

確定申告によって副業がばれる過程は以下になります。

  1. 確定申告後に本業と副業による収入が合算される
  2. 合算された収入に対して住民税額が決定する
  3. 住民税が給料から天引きされる会社の場合、ここでばれる

 

どんなに、手段をつくしてもばれる可能性はあるので、副業をする際には、必ず副業が可能な会社かどうかを確認するようにしましょう。

 

副業プログラマーでも確定申告は必要です!

この記事では、今後、副業をしたい!と思っているサラリーマンプログラマーが確定申告について注意すべき点を解説しました。収入が年間20万円以上になるような場合は、必ず確定申告をして、ペナルティを受けないようにしましょう!

プログラミングスキル習得を目指す方必見!!

挫折者が多いプログラミング学習。
最適な環境、最適な手順、最適な学習方法で学ぶことで、
スキル習得まで最短で到達することが可能に!


LINE@追加キャンペーン

LINE@追加で、プログラミング学習の攻略本をプレゼント!

おすすめの記事